2009年01月21日

思い出したら

☆思い出したら
作詞/にんぢん 作曲/oneofvipper



原曲

忘れることは簡単だった
忘れたくない そう思ってる
歩いていった真っ白い鳥
思い出したように飛び始めた

雨が降り出す
手には傘 持っているのに濡れようと
そんな人はこの世界のどこにも居ないんだろう

忘れてた 思い出した
だからこの空手に入れたんだ
僕はもう直ぐ 独りになった

傘がないから雨宿り
持ってないから 駆け込んで
そんな人はこの世界のどこかに居るんでしょう?

なくしてた 見つけ出した
だからこの羽 手に入れたんだ
僕はもう直ぐ 独りになった

涙が落ちる 手には光が
持っていたのに 投げ捨てた
記憶と一緒に消えていった

記憶はもう直ぐ 無くなるよ

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

SEASONS

☆SEASONS
作詞/95スレ157 作曲/つる



原曲

もっと笑えたらいいのになぁ 迷いなんかなくなれば楽なんだろう
暖かい布団の中で思い出した冷たいstory

寒くて暗すぎる夜には慣れている 1人扉を閉ざし深く眠りにつく
暖かい布団の中で描いてた甘すぎるdream

泣き出してしまいそうな心 救ってくれたのは君
くだらないこの世界 もう君なしでは生きられない

少し変わってしまったのかなぁ? 君との日々は眩しすぎる太陽
汚れていた布団を干してさぁ出かけよう

飛び出してしまいそうな心 笑ってる君がいる
夢のような甘い世界 まだまだ生きていたい

咲いている綺麗な桜の花 きっと僕ら離れてしまうんだろう
嘘などついた事ないけど なぜだろう心が痛いんだよ
泣き出してしまいそうな心 優しくしてあげればよかった
くだらないこの世界 退屈な日常に戻っていくよ

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

日曜日

☆日曜日
作詞/よーし 作曲/メソポタミア★神秘★ 編曲/たぬき



原曲

ほんの些細なことで 胸の奥まで傷ついたり
ほんの些細なことで 人を傷つけてしまったり

それでもそばにあなたがいれば
視線をあげて歩いていけるさ
それでもきっと鼻歌交じりで
笑って生きてくことができるさ

忙しい日々を抜ければ 僕らだけの時間さ
疲れた身体脱ぎ捨て 僕は歌を歌うよ

あなたはそこでいつでも聞いてくれているけど
ヘタクソだって笑うよ それでいいのさ
僕にはこれで充分 これが幸せ

ほんの些細なことで つまらない嘘をついたり
ほんの些細なことで 嘘に飲み込まれてしまったり

それでもきっとあなたがいれば
怖がらないで歩いていけるさ
それでもきっと振り向きもせずに
笑って生きてくことができるさ

どれほど大切なのかは とても口には出せない
代わりに心を込めて 僕はギターを弾くよ

あなたは僕に合わせて歌ってくれているけど
ヘタクソすぎて笑える それでいいのさ
僕にはこれで充分 これが幸せ

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 13:15| Comment(3) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

ぷりずむ

☆ぷりずむ
作詞/343スレ136 作曲/62'OWT



原曲

ぐーるこーす!ぐーるこーす!ぐーるこーす!
でぃすとらくしょん
きしりとーる!きしりとーる!きしりとーる!
還・元
えりとろーす!えりとろーす!えりとろーす!
えくすぷろーじょん
がらくとーす!がらくとーす!がらくとーす!
脳・糖

あんまり甘くみないでよ
私いないとあなただめなんだから
くるくるまわって変身のじゅもん!
「ロブリー・ドブリュイン-ファンエッケンシュタイン!」

一期一会 あなたと
イチゴは練乳が必須だぜ
ナタデココのサイコロで〜決める明日はランダムスター
一期一会 いつでも
プラスとプラスでホライゾン
ふらりふらりん千鳥足
トラストロッドは回せない
とろけるチーズにときめく明日

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 21:27| Comment(5) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

寒い日

☆寒い日
作詞/248スレ90 作曲/nirareva



原曲

乾いた空 頬を刺す風
凍りついた息が宙を舞う
見上げる雲 緩く流れて
閉じこめてた気持ち流れ出す

弱い自分をもっと弱く
この季節は変えてしまう
マフラーにため息 染み込ませ
顔を伏せた駅のホーム

あの時ああしてなかったら
素直な気持ち伝えられたら
短い指先がこんなに
冷たくなることはなかった

出逢いすれ違っていった人を
もっと大切にしていたらな
そんなこと考えていたら
さらに冷たくなった旋風

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

ツートンカラー

☆ツートンカラー
作詞/にんぢん 作曲/つる



原曲

裏があったり表があったり 君の心はコインの模様?
直ぐ怒ったり直ぐに泣いたり 君の心は崩れた天気?

重たい荷物は投げ捨てて 好きなものだけ持って行こう
嫌いなものは忘れよう キミと気楽にのんびり行こう

ツートンカラーな心の中で 哀しく泣いてる女の子
それを君だと気付いたのは 優しく微笑む男の子

哀しい記憶は破り捨てて 好きなことだけ詰め込んで
嫌いなものは置いていこう 僕と君とでのんびり行こう

青一色なこの空の下で 楽しく行こうと君の声
僕に言ったと気が付いたのは もう手遅れと教えてた

ツートンカラーな心の中で 哀しく泣いてる女の子
それを君だと気付いたのは 優しく微笑む男の子

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

Mr.Pivot

☆Mr.Pivot
作詞/291スレ310 作曲/餡の雲



原曲

見てごらん奴が 噂のMr.Pivot いつも足を組んで タバコふかしてる
例えるとコンパス それとも華麗なダンサー 常に片足に 重心を掛けて

良からぬ気配 嗅ぎつけたなら 知らないうちに 軸足変える
S字を描いて くるりと躱し 味方を敵に 敵を味方に

ambivalence 世界のアレコレが  
both sides オモテウラの顔じゃ
案外 賢いやり方さ
逃げ道最優先 何か釈然としないけどね

見てごらん奴が 噂のMr.Pivot 決して両足の 踵で立たない
地に足を付けて 誰かと戦うこと 無駄と思ってる 野暮と思ってる

クールな態度 演じていても 風の向きには 誰より敏感
自分の足で なぞった線の 外に踏み出る 勇気すらない

confidence 信じるの恐れて
betrayals 裏切りを重ねる
だいたい 足元掬われるの
ハナから怖がってちゃ 何も結局掴めないんじゃない?

見てごらん奴が 噂のMr.Pivot 今日も足を組んで フラフラ佇む
胸を突く奴が いたら容易く倒れる 奴はそのことに まだ気付いてない
posted by ドンゴッサモ at 17:17| Comment(5) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

☆癖
作詞/トドロキ 作曲/oneofvipper



あたしの右手がいつか
軽く感じられたのは
そこにあなたがいないこと
身体が嘆いてるの

駅までのまっすぐ道
いつもの話し相手は
どこに行ってしまったの
暇を持て余してる

おはようとおやすみの挨拶
短い昼休み
また明日って 笑って別れた
沈む 夕陽 変わって見えた

ここに一人 残された
あたしの日々 どこか欠けている
あの日一人 立ち去った
あなたの姿 消えそうにない

袖をしっかり掴んで
歩くこの癖が嫌い
だけどその原因は
嫌いになれそうにない

休みの日に早く目を覚まし
まくら抱きしめる
そう あれもこれも覚えてる
深く 染みた 面影揺れた

この身体に 残された
忘れ物は 捨てられずにいる
あの日 側で笑ってた
あなたの姿 消えそうにない

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 14:30| Comment(5) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ピストル

☆ピストル
作詞/カリバネム 作曲/Gno4166



原曲

明かされるための嘘で 埋め尽くされた日々を
コーヒーの呪文をいつも ぶら下げて 目を閉じて
今はまだ 何も知らない

痛みもけがれも嫌う 当たり前の愚かさ
息の根を止めるために 始まった長い旅
ため息を 翼に変えて

だから遠くまで僕は逃げて行く
青い片目の君を包み込む為に
いつか暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく

真実が見えちゃったよ 張りぼての悟りから
シャボン玉が割れるまで 短くて儚いね
あやまちは 何故暖かい

あれは夏の日に走り出した影
奪い合いに疲れただけのがしゃどくろ
そして暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく

今はまだ 何も知らない

だから遠くまで僕は逃げて行く
青い片目の君を包み込む為に
いつか暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 05:15| Comment(8) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

食いしん坊の6歳児

☆食いしん坊の6歳児
作詞/6歳自宅警備員 作曲/餡の雲



原曲

とどろきおにいさんこんばんは。
いってみたいかんこうちですか?
おいしいものが たべられるなら どこでもいきたいです。
こくないなら よぶこ に いかを たべにいきたいです。
あと きょうと に すいかのかきごおりを たべにいきたいです。
それから はこだて に らっきーぴえろのばーがーを たべにいきたいです。
かいがいだと ほんこん や たいわん で ちゅうかのおいしいものを たべにいきたいです。

おいしいものが たべたいです。
きょうのよるごはんは やさいいためでした。
おいしいものが たべたいです。
こげてました。

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜜リンゴ

☆蜜リンゴ
作詞/マルミユ 作曲/たぬき



原曲


なめらかな肌に牙をたてて 滴らせて わたしの血を
初めてのキスの味よ 覚えてるでしょう?
そのまま噛み千切って 咀嚼して わたしの身を
初めての愛の味よ 知らなかったでしょう?

だから傷付けて 皮を剥いで
八つ裂きにして 心臓も捨てて
あなたのため どんな姿にでもなるわ
今宵デザート 甘い甘い蜜リンゴの誘惑
posted by ドンゴッサモ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラスより輝いて

☆ガラスより輝いて
作詞/jas39 作曲/oneofvipper



原曲

ベランダで揺れて遊ぶ 金魚が泳ぐガラスに
キラキラ光弾けてる 風鈴が鳴っていた

グラスの壁を踊って 小さな泡が戯れ
窓辺の景色眺めている 君の姿映してた

暑い太陽さえ 負けそうな ドキドキする刻(とき)
蝉の合唱騒いでも 僕の心打ち鳴らしてく

ガラスの中 見え隠れ 喜んでた おもちゃの指輪で
約束した 想い出は 幼い頃の 魔法だったね


カラカラとグラスの中 鳴らしている氷たち
琥珀色した液体に 溶けながら騒いでた

夜風に流された 花火たち 色を変えながら
すこし遅れて鳴り響いてる 音にちょっと苦笑いした

夏の夜も 負けている ドキドキする 一緒の時間は
ガラスより輝いてる 指輪の魔法を届けるチャンス

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。