2008年12月26日

天国へのエスカレータ

☆天国へのエスカレータ
作詞/おちんこまんこ 作曲/餡の雲


原曲

このエスカレータは永遠と続く光と闇
霞がかる頭上の楽園 少し眩しい
君もこの場所を通ったのだろうか
この旅が終わったら会えるだろうか

すべて捨ててきた何もない僕には
一体どれくらいの意味があるのだろう
やわらかい日差しに打たれたとき
幼い日の母の声が聞こえる

続きを読む
posted by ドンゴッサモ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

X'mas cake

☆X'mas cake
作詞曲/呉板


原曲

煌いた街並みに 笑顔があふれだして
ポケットに忍ばせた寒さが愛しくなる

まぶたの裏側 響く声が
ウチへ向かう景色を早足にさせた

七つの灯りをともして 君の隣で君の夢を見る
「幸せ」と聞こえぬように呟いて 曇りガラスの窓に愛を刻もう

正午から降りだした雪が歩道に積もり
大きめの箱を持つ指が震えている

真っ暗な部屋の甘い香り
こぼれるドアを君の笑顔が開いた

白の流れ星数えて 君をみつめて君と夢を見る
「幸せ」と耳元で囁いて 掌のぬくもりを抱いて…

七つの灯りをともして 君の隣で君の夢を見る
「幸せ」と聞こえぬように呟いて 曇りガラスの窓に愛を刻もう
posted by ドンゴッサモ at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

酒と泪と男と女と愛のバクダン

酒と泪と男と女と愛のバクダン
作詞/151スレ305 作曲/名無しのジョニー

原曲

霧にむせぶ夜の街で飲む酒は
忘れかけたあの日の夢を 写す
呼んでみても戻りはせぬあの日々よ
とめどなく涙が止まらない

やべぇホントに止まらねぇ
チルチルメチル入りだったのか?

毒が回る虚ろな目に浮かんだのは
遠い あの日の お花畑
posted by ドンゴッサモ at 16:55| Comment(3) | TrackBack(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめましてドンゴッサモです。

めでたくコテをつけていただいたので
レンタルしてはいたもののずっと放置していた
seesaaをやっとこ動かしてみました。

とりあえず手始めに
今までに投稿したものをまとめてみました。

とにかく歌うばっかりですが、
マイペースに、気の向くままにやってゆきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ドンゴッサモです。
posted by ドンゴッサモ at 10:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェットコースターガール

☆ ジェットコースターガール
作詞/170スレ40 作曲/nirareva

原曲

真面目な話してるのに ふよふよと歌い出したり
肝心なこと言わないで にこにこと観察モード
そのくせいつもそばにいて ぽんぽんと頭をなでて
驚いた顔覗き込み ころころと笑い転げる

のらりくらり かわす君に
ふらりくらり 弱い僕は
ふわりふわり 心惹かれ
さらりさらり 流れ落ちる

君はジェットコースターガール ゆるゆると気持ち高めて
そうさジェットコースターガール 急転直下さ
君はジェットコースターガール くるくると振り回されて
そうさジェットコースターガール 急転直下さ
posted by ドンゴッサモ at 09:56| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泥んこ

泥んこ
作詞/あとおとえ  作曲/Gno4166

原曲

その意味を履き違えてないか?
ずっと薄っすらとそこには存在してたのに。
答えを間違ってはないか?
ずっと薄っすらと警告していたはずなのに。

誰もがそれぞれの道を持っているらしい。
そしてその周りには幸せが転がってるらしい。
誰もがそれぞれの道を歩いているらしい。
そしてその行く先には絶望も転がっているらしい。

あの時、
幸せが僕らのそばにあったんじゃなくて、
僕らが幸せのそばにいたんだって事。
それに気付くことが出来なくて、僕は人じゃなくなった。
いつでも、
幸せが僕らのそばにあると考えて、
僕らは幸せを探し見つけ出さずに。
だから周りが見えなくなって、僕は人じゃなくなった。
泥濘(ぬかるみ)の上を、通り過ぎて行った。
posted by ドンゴッサモ at 09:50| Comment(2) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Take me back

☆ Take me back
作詞/423スレ120 作曲/メソポタミア★神秘★


原曲

いつからだろう 僕らの世界が
こんなにも 狭くなったのは
窓から見える 景色さえ
霞んで 消えていくようだ

見えない筈の残像に手を伸ばし
空気に溶けた右腕

Take me back Take me back
夕日に照らされ 消えてゆく体
何処に 預ければいい?

どうしようもない この現実を
過去のせいに してしまう時は
心の奥底に 燻る
激しさが 世界を否定する

流れていく日々に取り残され
抜け殻だけが残るなら

Take me away Take me away
何のために この世界に
生まれたのか 分からなくなる oh
Take me back Take me back
夕日に照らされ 消えてゆく体
何処に 預ければいい?

oh Take me...
posted by ドンゴッサモ at 09:44| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上空384,400km

☆ 上空384,400km
作詞/238スレ319 作曲/onco


原曲

まわる 地球の まわり
まわる ましろな 世界
ほら見えるでしょう 空光る雲
もう見えるでしょう 碧(あお)またたく
ひとり風の上に立ち
街を見守っているの 遥か
ひとり嵐の中に立ち
星を見護っているの いつまでも
posted by ドンゴッサモ at 09:41| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消えた音楽

☆ 消えた音楽
作詞作曲/onco


原曲

もう消えてしまった 私の音楽

あなた ほら もう 忘れてる
わたし ほら もう 消えてゆく

もう誰もこのメロディー歌える人はいない
埋もれてゆくメロディーあなたには歌えない

嗚呼誰もこのメロディー記憶に残らない
消えてゆく音楽 わたしは聞こえる

イメチェン。あと軽い鬱。

posted by ドンゴッサモ at 09:38| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者

忍者
作詞/148スレ483 作曲/たぬき


原曲

忍者!忍者!忍者!手裏剣だよ

忍者!忍者!忍者!まきびしだよ

忍者!忍者!忍者!刀でスバッだよ

忍者!忍者!忍者!ササササだよ

忍者!忍者!忍者!
posted by ドンゴッサモ at 09:34| Comment(2) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくはいらないこ

ぼくはいらないこ
作詞/289スレ232 作曲/うずまき


原曲

アルファベットのwに この想いを載せて
裏側に隠した本音 小さな窓に綴った夜

流れ行くスレッドの波 遠ざかった思い出
僕はただ目の前で ゆっくりと見送っていた

避難所で一人きり 時計の針を見つめながら・・・・

どんなに クリック連打しても 決してスレには届かない
窓の外で転がるメロディー 終わらないラブソング
どんなに F5を連打しても 僕のレスは出てこない
喉がかれるほど歌った零時 隣の部屋から苦情来た 
posted by ドンゴッサモ at 09:32| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の雨

☆ 花の雨
作詞/294スレ207 作曲/旋風

原曲

離れようとしても 忘れようとしても
巡る季節は春を連れて来る

哀しかろうと 辛かろうと
巡る季節は花を咲かせてゆく

泣いていいですか
泣いてはいけないですか
花の雨は何も言わずに降り積もる

つぶれそうでも 消えそうでも
巡る季節は花を散らしていく

泣いていいですか
泣いてはいけないですか
花の雨は何も言えずに舞い散った
posted by ドンゴッサモ at 09:27| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

rain

rain
作詞/魔理沙っち 作曲/たぬき

原曲

空から落ちるしずく
あまどいをつたう
電線からの時間差攻撃
頭に落ちる

傘から落ちるしずく
ズボンのすそに
水たまりの時間差攻撃
足が濡れるぉ

傘をさせばつい下向きがちだね
でも振り返って道を眺めれば
真っ赤なraincoat

雨の日はつい下向きがちだね
でも振り返って上を見上げれば
きれいなrainbow
posted by ドンゴッサモ at 09:25| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

++

++
作詞/muuuu 作曲/メソポタミア★神秘★

原曲

=がわからない
そんな日もあるけど
街をあるくだけで
幸せになれる

=がわからない
そんな時もあるけど
人をあるくだけで
素敵になれる

+のないこの世界で君がいるなら
幸せになれる時がくるから

21+87で
僕の気持ちがあらわせるなら
今目の前にある物は
全部捨ててしまえるのに!

21+87で
君の気持ちがわかるのならば
今手の上にある物は
皆投げてしまえるのに!
posted by ドンゴッサモ at 09:21| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電波

電波
作詞/つまだ 作曲/nirareva 編曲/メソポタミア★神秘★

原曲

手を叩く君が 垂れ流した
放送電波強く
過激派の僕は 愚かだろう
感度が良すぎてきっと

君の 虚像 僕は 視てる
繋ぐ 思い 切れる 理性

包まず隠さず 嗚呼
届かずに
両の手仰いで 嗚呼 馬鹿みたい

あーあ
posted by ドンゴッサモ at 09:16| Comment(0) | うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。